022-724-7325
〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町7丁目20-5
             ララガーデン長町4階
受付時間】月水木金 9:00~12:00 14:00~17:00
火土    9:00~12:00 

【休診日】日曜・祝日・火曜午後・土曜午後 

一般診療案内

身近な皮膚科専門医、地域のかかりつけ医として

様々な皮膚トラブルにお応えます。

保険診療を基本としています。


主な診療内容

急性・慢性湿疹/アトピー性皮膚炎/皮脂欠乏性湿疹(乾燥性湿疹)/乳児湿疹/オムツ皮膚炎/じんま疹/皮膚そう痒症/脂漏性皮膚炎/手湿疹/痒疹/虫刺症/汗疹(あせも)/伝染性膿痂疹(とびひ)/伝染性軟属腫(水いぼ)/金属アレルギー/接触皮膚炎(かぶれ)/熱傷(やけど)/白癬(水虫)/カジンダ症(カビ)/疥癬/尋常性疣贅(いぼ)/単純ヘルペス/帯状疱疹/薬疹/ウイルス性発疹症/尖圭コンジローマ/梅毒/膠原病/掌蹠膿疱症/尋常性乾癬/尋常性白癬/蜂窩織炎/ひょう疽/せつ/粉瘤(アテローム)/陥入爪( 巻き爪)/胼胝(タコ)/鶏眼(ウオノメ)/皮膚潰瘍/うっ滞性皮膚炎/尋常性ざ瘡(ニキビ)/体部の化膿性毛嚢炎/稗粒腫/脂漏性角化症(老人性いぼ)/色素性母斑(ホクロ)/老人性色素斑(シミ)/色素沈着/日光皮膚炎(日焼け)/日光角化症/アレルギー疾患全般 など
問診
症状の訴え、病歴、家族歴、アレルギーの有無、治療の希望などについてうかがいます。
診察発疹が出ている部位を確認し、病状を判断します。
検査診断のために必要な皮膚科学的精査や血液検査などを行います。
カウンセリング専門的な知識をもとに、適切な生活指導などを行います。
治療
症状を改善させるために最適な治療方法を提案します。
再診
治療経過の確認を行います。症状に応じて治療の提案をしていきます。

一般皮膚科

接触皮膚炎(かぶれ)

接触皮膚炎は外からの刺激物質や抗原(アレルギーの原因)が皮膚に触れることによって発症する湿疹性反応です。

原因として、パラフェニレンジアミン(ヘアカラーリング剤に含まれる)や香料、金属、ゴムなどがあります。

診断のためにパッチテストを行っております。

かぶれの原因を避け、ステロイド外用剤を湿疹の部位に塗布します。原因が取り除かれれば1~2週間で軽快します。

尋常性ざ瘡(ニキビ)

ニキビは①皮脂の分泌増加、②毛穴のつまり、③アクネ菌の増殖によって生じます。

①は食事や生活習慣、お化粧や洗顔の見直しが重要です。

②、③は外用薬や抗菌薬の内服で治療します。

一般的な治療で改善が乏しい場合は漢方療法を併用が有効なこともあります。

ケミカルピーリング、高濃度ビタミンCローションも効果的なことがあります(自費診療)。

足白癬・爪白癬(水虫・爪水虫)

夏場、皮膚科の外来患者さんの三割以上が水虫とのデータがあります。非常に一般的な皮膚の病気ですが「治りづらい」という意見が大半を占めています。

外用剤の選択や、外用方法を変えるだけでも、見違えるほど良くなります。爪水虫は外用薬と内服薬の治療があります。

まずは、顕微鏡で水虫の原因となる糸状菌を発見することから、治療は始まります。

尋常性乾癬

鱗屑(りんせつ)を伴った大小さまざまな赤い斑点が全身にでき、皮膚が厚くなる疾患です。

膝や肘、頭髪の生え際、腰などに発症することが多く、また爪が侵され、かゆみを伴うこともあります。

内服や外用の一般的な治療に加え、治療効果の高い紫外線療法を行っております。

生活習慣の悪化が影響していることも多いといわれています。


尋常性白斑

皮膚のメラノサイト(色素細胞)が何らかの原因で減少・消失する後天性の病気です。

皮膚の色素が抜けてみえ、症状は全身に起こりえます。

白斑を起こす他の疾患との鑑別が重要です。

治療は外用療法や紫外線療法を行います。

帯状疱疹

神経に沿って、右か左のどちらか一方に帯状に水疱、丘疹、紅斑が生じ、痛みを伴う病気です。

幼少期に罹った水ぼうそうのウイルスが、疲れやストレスがきっかけで、再活性化し発症します。

治療は内服薬による治療になりますが、いかに早期に治療を開始するのが重要です。

神経痛が残ることもあり、注意が必要です。

熱傷(やけど)

受傷直後はしっかり冷やしましょう。十分冷やすことで傷が深くなるのを防ぐことができます。

赤い部分には炎症をひかせるためにステロイド外用を行います。
水疱や潰瘍になっている部分には湿潤環境を維持するため、軟膏処置を行います。

深い傷の場合は、感染を起こす可能性が高く、慎重な観察と、適宜抗菌薬の外用や内服が必要になります。

色素性母斑(ホクロ)

色素細胞(メラノサイト)というメラニン色素を作る細胞が変化した母斑細胞のかたまりです、

ダーモスコピーという拡大鏡を用いて、形態的に診断します。

悪性と判断が困難の場合は病理検査を行うこともあります。

手術が必要な場合は近くの形成外科をご紹介いたします。

円形脱毛症

通常は自分を守ってくれるリンパ球が、毛包を攻撃してしまう自己免疫性疾患です。

甲状腺疾患(8%)、尋常性白斑(4%)、SLE、関節リウマチなどの自己免疫性疾患を合併することもあり、必要に応じて血液検査で全身を調べることがあります。

症状や年齢によって治療法を選択します。

当院ではガイドラインでも推奨度が高いSADBE療法を導入しております。



小児皮膚科

お子さまの皮膚で気になることがあればお気軽にご相談ください。

ご両親にとって、お子さまのことはご自身のことより心配で、不安や悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。

当院では小児の皮膚疾患の治療にも力を入れています。



お子さまの皮膚について、下記のように気になることがあればお気軽にご相談ください。

 生まれてすぐ湿疹が出た、乳児湿疹?あせも?

 乾燥肌で、湿疹がよく出るけどアトピー性皮膚炎?

 食後に発疹が出るけど、食物アレルギー?

 手、足のしこりはイボ?タコ?

 発熱とともに発疹が出たけど、放っておいて大丈夫なの?


乳児湿疹

準備中

脂漏性皮膚炎

準備中

皮脂欠乏性湿疹

準備中

オムツ皮膚炎

準備中

汗疹(あせも)

準備中

尋常性疣贅(ウイルス性いぼ)

準備中


伝染性膿痂疹(とびひ)

準備中

伝染性軟属腫(水いぼ)

準備中

アレルギー科


(1) アトピー素因(生まれつきアレルギー反応を起こしやすい体質のこと)
(2) 皮膚過敏性(外部からの刺激に対する防御機能が弱い皮膚の状態)
(3) 精神的なストレス
(4) 生活習慣の乱れ、食生活の極端な偏り

よくなったり、悪くなったりをくり返しながら長期間続く皮膚炎で、症状は痒みのある湿疹が中心です。

原因には体質的なものと環境的なものとが絡んでいると考えられています。 

アトピー性皮膚炎は、治しきることが非常に難しい疾患でして、原因も人によって様々です。

当院では、医師とじっくり対話していただくことにより、患者様一人ひとりに最適な治療法を見つけ出します。

アトピー性皮膚炎

準備中

じんま疹

準備中

花粉症(アレルギー性鼻炎・結膜炎・皮膚炎)

準備中

食物アレルギー

準備中

アナフィラキシー

準備中

自己免疫性疾患(膠原病)

準備中