フラクショナル炭酸ガスレーザーCO2RE(コア)

シネロン・キャンデラ社のフラクショナル炭酸ガスレーザーCO2RE(コア)を導入しました(宮城県初導入)。このCO2REは様々な機能を1台に備えている多機能万能タイプのレーザー機器です。


ホクロ・イボを切除する従来の炭酸ガスレーザーの治療はもちろん、フラクショナルモードと革新的な機能によって、ニキビ跡の治療も効果的に行うことが可能です。機能としては、おおきく分けて3つ、①フラクショナルモード、②クラシックモード(従来の使用法)、③サージカルモード(外科的切除)があります。

①フラクショナルモード:

皮膚に微小な穴を多数開け、細胞の新生、コラーゲンの増殖を促すことで美肌効果、小じわ改善、ニキビ跡、傷跡改善を行うことができます。

②クラシックモード:

従来の炭酸ガスレーザ同様、ホクロやイボを蒸散する使用方法です。このCO2REはスキャナ機能が搭載されており、蒸散する面を均一かつキレイに仕上げることが可能です。

③サージカルモード:

高い出力で深い層まで蒸散します。照射パターン(形)と蒸散深度をコンピュータ制御機能で自在に設定してから治療を行うことが可能であるため、患部の状態や深さに合わせてピンポイントで均一に照射し、周辺組織の熱傷を最小限に抑えて治療することができます。


適応・効果

 キレイにホクロ・イボを切除

 ニキビ跡の治療

 傷跡(肥厚性瘢痕・リストカット跡など)の治療

 肌の若返り(しわ・たるみ・ハリ・ツヤの改善)

 肌の色調改善(シミ・そばかす・くすみ・クマの改善)

 毛穴の開き・毛孔性苔癬(顔・二の腕のブツブツ)の改善

 妊娠線の改善


特徴

CO2REによる炭酸ガスレーザー治療は、液体窒素やその他の電気焼灼機器による治療に比べ、患部周囲組織へのダメージが少ないのが特徴です。

そのため、治療後の炎症後色素沈着や熱傷などのリスクを抑えることができます。


フラクショナルモード

リング状に照射するLight、Mildモード、ドット状に照射するDeepモード、それらを組み合わせたFusionモードがあります。当院では、肌の状態により4つのモードを使い分けます。

アンチエイジングや肌質改善目的では、全体に軽めの照射を行い、肌表面の凹凸やシワ・たるみの部分などには強めの照射を行っていきます。

特に、ニキビ跡や肥厚性瘢痕などの傷跡には大変効果的です。

凹凸を形成してしまったニキビ跡(瘢痕)を改善するは非常に難しいといわれています。フラクショナルCO2レーザーは、陥凹性瘢痕治療の切り札になる治療で、当院では、最新型のフラクショナルCO2レーザー治療器CO2RE(コア)を導入しております。

スキャナモード(クラシックモード・サージカルモード)

スキャナモードは、コンピュータ制御下で、あらかじめ設定した深さ・大きさに焼灼することができるモードです。

従来の炭酸ガスレーザー治療器では困難だった、凹凸の少ない創面を作ることが可能です。

サージカルモードは、強い出力で、病変部を焼灼したり、凝固止血できるモードです。

主に皮膚小手術に用い、メスを使わずに病変を除去できます。


症例提示

色素性母斑(ホクロ)

色素性母斑(ホクロ)

色素性母斑(ホクロ)

脂漏性角化症(老人性イボ)

汗管腫

眼瞼黄色腫