医師・スタッフ紹介


医師紹介

院長挨拶

みなさん、こんにちは。

院長の大橋威信です。

人を助ける仕事をするのが子どもの頃からの夢でした。小学6年生の文集に、なりたい職業「医者」と書いてあり、幼い頃から人の命を救う医師という仕事に憧れていたことを覚えています。年齢を重ねていくうちに、医師という職業をより正確に理解できるようになり、憧れから目標に変わりました。

私は、子どもの頃からアレルギー体質で、皮膚の悩みが多くとても苦労した経験から、皮膚トラブルを解決したいと思い、皮膚科医を志しました。

医師になってからは、幅広い知識と経験を得るため、仙台医療センターで2年間研修を積みました。その後、地元である福島県立医科大学附属病院皮膚科学教室に入局しました。大学病院勤務時代は、助手として、研究の傍ら、外来診療と病棟管理、それに併せてへき地の応援診療を行ってきました。プライマリ・ケアから重症例、稀な疾患や膠原病に数多く触れ、皮膚科医として研究、臨床ともに精一杯励みました。また、病棟リーダーとして、皮膚悪性腫瘍や皮膚移植術など困難な手術、手技も数多く経験しました。その後、イムス明理会仙台総合病院皮膚科に勤務し、一般診療から病棟管理、レーザー治療に従事しました。

これまでに得た経験、知識を活かして皮膚の悩みを患者様とともに解決したいと強く感じ、できるだけ地域の方に貢献できるよう、各地からのアクセスの良いララガーデン長町におおはし皮ふ科クリニックを開設しました。

当院では、小さなお子様からご年齢を重ねた方まで、皮膚に関することならなんでも診させていただきます。湿疹、いぼ、やけどや水虫なの皮膚疾患やアトピー性皮膚炎やじんま疹などのアレルギー疾患はもちろんのこと、手術が必要な皮膚腫瘍、他の医療機関で判明できなかった疾患、治療しても治らない疾患、シミやシワといった美容皮膚科領域まで、何でも気軽にご相談ください。

ひとりひとりの皮膚の状態に合った治療、予防やスキンケアを提案することができ、仙台の皆様の「皮膚の悩み相談役」として、信頼される皮膚科クリニックを目指し頑張らせていただきます。


好きなもの・趣味

天気の良い日の早朝のランニングは最高です。休日は家族で公園に良く出かけます。

おおはし皮ふ科クリニック

院長

大橋 威信

おおはし たけのぶ

院長経歴

2008年昭和大学医学部卒業
2008年~2010年仙台医療センター
2010年福島県立医科大学 皮膚科学講座 入局
2013年福島県立医科大学 皮膚科学講座 助手
2016年イムス明理会仙台総合病院 皮膚科
2017年おおはし皮ふ科クリニック 院長
2019年医療法人誠明会 理事長

資格

  • 日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医
  • 学位:医学博士

所属学会

  • 日本皮膚科学会
  • 日本小児皮膚科学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本美容皮膚科学会
  • 日本臨床皮膚外科学会
  • 日本臨床皮膚科医会

業績

詳しくはこちらをクリック



スタッフ紹介

看護師   

佐藤 スミレ

自己紹介

宮城県の出身です。看護師8年目になります。よくO型と言われますがA型です。

好きなもの・趣味

猫、旅行に行くこと、食べること、寝ることが好きです。

患者様へメッセージ

地元で皆様のお役に立てればと思います。来院される患者様が安心していただけるような看護を出来るよう頑張ります。よろしくおねがい致します。

看護師   

田上 真樹

自己紹介

看護師歴21年、皮膚科経験は8年目になります。

興味のあることには集中力、探求心を発揮します。なぜかよく道を聞かれます。

好きなもの・趣味

発酵食品、果物が好物です。趣味は野球などのスポーツ観戦です。

患者様へメッセージ

皆様に安心して受診していただけるよう、笑顔を忘れず、心のこもった看護の提供に努めてまいります。お気軽にご相談ください。

看護師   

原田 麻友

自己紹介

仙台出身です。
休日は、子どもと公園に行って遊んで過ごしています。春季キャンプ目的に沖縄に行ってしまうくらい、楽天イーグルスのファンです。

好きなもの・趣味

焼き肉、野球観戦

患者様へメッセージ

まだ理解できない年齢のお子様にも、怖がらず、安心して診察をうけてもらえるような対応を心がけていきたいと思っています。不安な事がありましたらご相談下さい。

医療事務

櫻田 純子

自己紹介

宮城県仙台市出身、こだわりのB型です。常に笑いのある生活を心がけています。本が好きでよく読みます。本屋さん、図書館に行くとしばらく帰りません。

好きなもの・趣味

猫、お酒、読書、好きなアーティストのライブに行くことです。

患者様へメッセージ

不安なこと、気になること、何でも構いません、ご相談いただければ幸いです。クリニックの玄関口として、皆様が安心してご来院できるよう温かくお迎えいたします。どうぞよろしくお願いします。


医療事務

永瀬 早織

自己紹介

福岡で産まれ、仙台で育ちました。
猫が好きで小さい頃から飼っています。自宅に帰ると足音で分かり自然と玄関まで迎えに来てくれるよになり、とても癒されています。

好きなもの・趣味

米粉パンと炭酸水好きです。最近の趣味はディズニーシリーズのトミカ集めです。

患者様へメッセージ

患者様が来院されてから、お会計がお済みになるまで、分かりやすく、安心して、スムーズに受診して頂けるように心掛けてまいります。
患者様の目線にたち、改めて来院して頂けるように努めていきます。

医療事務

浅野 春菜

自己紹介

総合病院とクリニックでの勤務経験があります。北国出身ですが寒さに弱いです。

好きなもの・趣味

バドミントンが好きでずっと続けています。最近のマイブームはハイカカオチョコレートです。

患者様へメッセージ

明るく和かな応対を心がけ、患者様に安心してご来院いただけるよう頑張ります。よろしくお願いします。


業績集

論文

英文

  1. Unusual milia amyloidosis as initial signs of multiple myeloma-associated systemic amyloidosis. Ohashi T, Kikuchi N, Yamamoto T. Int J Dermatol 52; 981-982, 2013.
  2. Keratoacanthoma with secondary ossification. Ohashi T, Yamamoto TInt J Dermatol 53: e53-54, 2014.
  3. Acantholysis in mammary Paget disease. Ohashi T, Takenoshita H, Yamamoto TAm J Dermatopathol 36: 856-857, 2014.
  4. Auricular pyoderma gangrenosum with penetration in a patient with rheumatoid arthritis. Ohashi TMiura TYamamoto T. Int J Rheum Dis, 2014.
  5. case of chromoblastomycosis caused by Fonsecaea pedrosoi in a patient with rheumatoid arthritisOhashi TOhtsuka MKikuchi NNishiyama KSuzutani TYamamoto T. Int J Rheum Dis, 18: 580-581, 2015.
  6. Peristomal pyoderma gangrenosum: A report of three cases. Ohashi T, Yasunobu K, Yamamoto T. J Dermatol 42: 837-8, 2015.
  7. Antifibrotic effect of lysophosphatidic acid receptors LPA1 and LPA3 antagonist on experimental murine scleroderma induced by bleomycin. Ohashi T, Yamamoto T. Exp Dermatol 24; 698-702, 2015.
  8. Subcutaneous sarcoidosis with underlying intramuscular granuloma. Ohashi T, Yamamoto T. Indian J Dermatol 60: 107, 2015.
  9. Low prevalence of anti-cyclic citrullinated peptide antibodies in Japanese patients with pustulotic arthro-osteitis. Ohashi T, Hiraiwa T, Yamamoto T.  Indian J Dermatol 61: 221, 2016.
  10. Acquired reactive perforating collagenosis associated with systemic lupus erythematosus. Ohashi T, Yamamoto T. J Dermatol 43: 1097, 2016.
  11. Use of biologics for peripheral pustulotic arthro-osteitis in two patients with palmoplantar pustulosis. Ohashi T, Suzuki Y, Yamamoto T. J Dermatol 44: 97-98, 2017.

  12. Eccrine poroma with calcification and metaplastic ossification. Ohashi T, Yamamoto T.  J Dermatol 44: 345-346, 2017.

  13. Auricular pyoderma gangrenosum with penetration in a patient with rheumatoid arthritis. Ohashi T, Miura T, Yamamoto T. Int J Rheum Dis 21; 563-565, 2018.

  14. Successful treatment with dapsone for lupus profundus accompanied by xanthomatous reaction. Ohashi T, Matsumura N, Yamamoto T. Clin Exp Dermatol (accepted)


和文

  1. 関節リウマチ患者に生じた高齢発症の壊疽性膿皮症、大橋 威信、菊池 信之、三浦 貴子、山本 俊幸. 皮膚臨床 54:635-637,2012
  2. 下肢の多発性皮下結節と鼻腔内病変を伴ったperipheral T-cell lymphoma, not otherwise specified.  大橋 威信大塚 幹夫山本 俊幸皮膚病診療 36: 67-70, 2014.
  3. 成人型肥満細胞症. 大橋 威信山本 俊幸Visual Dermatol 14: 46-47, 2015.
  4. 掌蹠膿疱症性骨関節炎-扁桃摘出術が皮膚, 関節, 爪病変に著効した例.  大橋 威信, 山本 俊幸皮膚病診療 37: 131-134, 2015.

学会発表

  1. 紫斑を伴う蕁麻疹の1(日本皮膚科学会山形・宮城・福島3県合同地方会学術大会第351回例会 2010923日 福島)
  2. 疣贅状の角化を広範囲に認めた落葉状天疱瘡の1(第32回水疱症研究会 20101030~31日 京都)
  3. 爪甲下Bowen病の2(日本皮膚科学会福島地方会学術大会第352回例会 2010113日 福島)
  4. Clinicopathology of osteo-nevus of Nanta (osseous metaplasia in a benign intradermal melanocytic nevus): Report of 10 cases(第35回日本研究皮膚科学会学術大会 2010123~5日 和歌山)
  5. 関節リウマチ患者の生じた高齢発症の壊疽性膿皮症(第34回皮膚脈管膠原病研究会 201112122日 宮崎)
  6. 左臀部に大型の疣状局面を呈したFonsecaea Prdrosoiによるクロモミコーシスの1(日本皮膚科学会東北六県合同地方会学術大会第353回例会 201125日 宮城)
  7. 多発性骨髄腫を伴った全身性アミロイドーシス患者にみられた特異な結節性病変の2(第110回日本皮膚科学会総会 2011415日 東京)
  8. 表皮向性を示した転移性悪性黒色腫の大腿転移例(日本皮膚科学会宮城・山形・福島3県合同地方会学術大会第355回例会 201194日 宮城)
  9. 熱傷を契機に発症したStaphylococcal Scalded Skin Syndrome(SSSS)1(第75回日本皮膚科学会東部支部学術大会 201191718日 群馬)
  10. 瘢痕性脱毛と手足の爪の脱落を生じた後天性表皮水疱症の1(第33回水疱症研究会 2011101516日 福岡)
  11. 骨化を伴った皮膚混合腫瘍の1(日本皮膚科学会福島地方会学術大会第356回例会 2011113日 福島)
  12. 二次性骨化と石灰沈着を認めたエクリン汗孔癌の1(日本皮膚科学会東北六県合同地方会学術大会第357回例会 2012245日 宮城)
  13. 紅皮症を呈した体部白癬(日本皮膚科学会福島地方会学術大会第358回例会 2012430日 福島)
  14. 当科における二次性骨化を伴った皮膚腫瘍のまとめ(第111回日本皮膚科学会総会 201261~3日 京都)
  15. 下肢の多発性皮下結節と鼻腔内病変を伴ったperipheral T-cell lymphoma, not otherwise specifiedの1例28回皮膚悪性腫瘍学会学術大会 201262930日 北海道)
  16. 掌蹠膿疱症性骨関節炎患者における血清MMP-3レベルの検討(第27回日本乾癬学会学術大会 2012978日 新潟)
  17. 高度な浸潤性局面を呈したscalp psoriasis1例(第27回日本乾癬学会学術大会 2012978日 新潟)
  18. 漢方薬による固定薬疹の1例(日本皮膚科学会福島地方会学術大会第360回例会 20121123日 福島)
  19. Increased serum levels of matrix metalloproteinase-3 in psoriatic diseases with inflammatory arthritides(37回日本研究皮膚科学会学術大会 2012127~9日 沖縄)
  20. 組織学的に広範囲にAcantholysisを認めた乳房Paget病の3例(日本皮膚科学会東北六県合同地方会学術大会第361回例会 201322324日 宮城)
  21. 過去10年間に経験したpseudoxanthoma elasticum22 例の集計(第112回日本皮膚科学会総会 2013615日 神奈川)
  22. 急速に増大した眉間部の腫瘤(第29回日本皮膚病理学会 2013727日 東京)
  23. 右腋窩に生じたアポクリン腺癌の1例(第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 20138910日 山梨)
  24. インフリキシマブが奏効したクローン病合併peristomal pyoderma gangrenosum1例(第77回日本皮膚科学会東部支部学術大会 201392122日 埼玉)
  25. 初回妊娠時に発症し、第3子(女児)妊娠時に再燃した妊娠性疱疹(第35回水疱症研究会 2013101920日 大分)
  26. 皮膚ノカルジア症の1例(第64回日本皮膚科学会中部支部学術大会 20131123日 愛知)
  27. Lysophosphatidic acid receptors (LPA1 and LPA3) antagonist inhibits dermal sclerosis in bleomycin-induced murine scleroderma(第39回日本研究皮膚科学会学術大会 20141213日 大阪)
  28. 皮内から筋層に肉芽腫を認めたサルコイドーシスの1例(第65回日本皮膚科学会中部支部学術大会 20141026日 大阪)
  29. 長期紫斑性病変が先行した成人T細胞性白血病/リンパ腫(ATLL)の1例(78回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2014104日 青森)
  30. 掌蹠膿疱症性骨関節炎における抗環状シトルリン化ペプチド抗体の陽性率(第29回日本乾癬学会学術大会 2014919日 高知)
  31. 掌蹠膿疱症性骨関節炎に対しインフリキシマブ投与中、末梢血に芽球が出現した1例(29回日本乾癬学会学術大会 2014919日 高知)
  32. ステロイド長期投与中の水疱性類天疱瘡患者に生じたクリプトコッカス髄膜炎の1 (日本皮膚科学会福島・山形・宮城 3県合同地方会学術大会第367回例会 2014831日 福島)
  33. 福島県立医大皮膚科におけるmastocytosis18例の集計113回日本皮膚科学会総会 2014531日 京都)【ポスター賞】
  34. 動静脈瘻によって生じた下腿潰瘍1例(37回皮膚脈管・膠原病研究会 2014124日 東京)
  35. 単クローン性ガンマグロブリン血症に合併したクリオグロブリン血症性血管炎 (37回皮膚脈管・膠原病研究会 2014124日 東京)
  36. エタネルセプト投与中に生じたSLEに伴い出現したacquired reactive perforating collagenosis(38回皮膚脈管膠原病研究会 201512223日 高知)
  37. 四肢に生じた結節性紅斑様皮疹(38回皮膚脈管膠原病研究会 201512223日 高知)
  38. 掌蹠膿疱症性骨関節炎に対するアダリムマブ投与中に皮疹の増悪を認めた1例(30回日本乾癬学会学術大会 2015945日 愛知)
  39. Congenital self-healing Langerhans cell histiocytosisと考えた1例(福島地方会第372回例会 2015113日 福島)
  40. SLEの病勢増悪と鑑別を要したパルボウイルスB19感染症( 東北6県合同地方会学術大会第370回例会 201562728日 宮城)